2012年10月31日水曜日

2012年10月30日火曜日

トマムへ雲海を見に・・・


今月の始めのお休みでトマムへ行ってきました。

1か月前ぐらいから栄養課では専らの話題になっていた雲海を見に☆

雲海は毎日見られるものではなく、気象条件によって発生しないこともある為見られるかは運次第!!

早朝が発生しやすいということから夜中2時ごろ友達と尽きない話をきりあげ、気合い十分に4時半にアラームをかけてベッドに入りました。

 

4時半「さあ行こう!!」とテレビをつけてみたら、

“本日、山頂付近悪天候のためゴンドラの運行を休止させて頂きます”

何度見返しても変わらず、雲海ダイヤルにかけてみても

“山頂付近落雷の恐れあり”

 

悲しかった・・・せっかく来たのに見れないなんて・・・

足元に広がる雲海が見たかった・・・

その後もテレビの表示は変わらず、雲海を見ることはできませんでした。

 

空はこんなに晴れているのにー。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
数日後出勤中たまたまかかっていたラジオで

私が行った次の日に雲海を見に行った方が、

夜中にトマムへむけて出発し、到着してすぐにゴンドラに乗って見に行くというスケジュールで見ることが出来ましたと言っていました。

やはり運なんですねー。。。次回に期待します。

                           管理栄養士

2012年10月26日金曜日

災害医療と看護 ~研修参加にあたり思うこと~

去年の3月8日~11日の予定で私は大好きな沖縄に旅行へ行っていた


オフシーズンで格安なツアーを見つけ、毎日飲んだくれて、あっという間の3泊4日だった

帰りたくないよ~、と那覇空港で最後のオリオンビールを飲み、14時30分発のANAに乗り込んだ

眼下に遠ざかるコバルトブルーの海を見ながらうとうととし始めたころ、「羽田空港でトラブルがあり、現在調整中です  着陸できない可能性があるので一旦那覇にもどります」と機内アナウンスが入った

もう一杯ビール飲めるね♪なんてのんきなことを言っていたのは私たちだけで、機内はざわめき始めていた

「関東地方で大きな震災があったようです」と次のアナウンスが流れた後、乗客はたちまちパニック状態になった

那覇空港は帰宅難民でごったがえしていた

飛行機のキャンセル待ちは2000人を超えていた

空港で配られたホテルリストの中から1件を選び、宿に着いたのは22時を過ぎたころだった

そこで初めてテレビを見た

愕然とした

まるで信じられない映像が、繰り返し繰り返し映し出されていた  「これは現実です」と念をおすように

35度の泡盛を何杯飲んでも酔えなかった



翌日、早朝からキャンセル待ちの長い列に並んだ

後ろのほうから「昨日のテレビで空港に停めてあった俺の車が津波に流されてるのが映ってた  俺はどこに帰ればいいんだ」と話しているのが聞こえてきた  団体で旅行に来ていて震災にはあわずに済んだが、家族の安否も帰る場所もわからない、家は仙台だが俺より先に流された車が家に着いているかもしれない  と冗談まじりに話しているおじさんの顔が切なかった

およそ10時間以上も空港に缶詰めになり、待っても待っても順番は回ってこなかった

途方に暮れかけていたころ係員から、明日臨時便が出ること

それですべてのキャンセル待ちが解消されることが告げられた  臨時便の予約方法は携帯電話からアクセスするのが早くて簡単だが、できない方はカウンターで手続きするとのことだった

私はすぐに携帯で予約をすることができたが、携帯を持っていない人や持っていても操作がわからない人が大勢いて、カウンターは再び長蛇の列となった

そんな中、「代わりにしましょうか?」と携帯を代わりに操作し予約をしている若者があちらこちらに見受けられた

「今日泊まる所ありますか?」「ここ安くて近いですよ」と帰宅難民どうし声を掛け合い、助け合っている姿があった



あの日、日本全国で色々なかたちで被災したたくさんの人たちが、同じように助け合い、声を掛け合っていただろう

一人一人が自分にできることをほとんど無意識に行っていたと思う

私はといえば・・・何もできなかった

いや、できなかったわけではなく、何もしなかったのである



無事に帰ってきて1週間が過ぎたころ、東京にいた頃の看護師仲間からぞくぞくメールが送られてきた

心配していた仙台の友達も無事がわかり安堵した

一番仲の良かった看護師から「災害支援ナースに行かないの?ACLS持ってるんでしょ?あんたなら行くと思ってた」と言われたとき、はっとした

そんな手があるのか  私にも出来るのか?



あの日、何もしなかった私が看護師としてできること

それは、あの日のことを忘れずに、必要とされる知識を身につけ、必要としてもらえる看護師になること

そのための第一歩として、災害医療と看護の研修に参加することを決めた

人として看護師として、まだまだこれからである

2012年10月25日木曜日

ディズニーランド・シーにいってきました☆

ディズニーはやっぱり夢の国ですね(*^_^*)男でも大人でも楽しめる楽しいテーマパークです♪ディズニーシーではミッキー、ミニーと写真のとれるレストランや今年新しくできたトイストーリーのアトラクションなどにいってきました!なかなか楽しかったので皆さん是非ともいってみてください☆写真はトイストーリーマニアです♪この日の最高待ち時間は220分だったそうです(-_-;)
休日は人が多いためディズニーへは平日いくことをおすすめします☆
リハビリ部 25さい男

2012年10月20日土曜日

東京旅行

久しぶりにもらった5連休で


東京に行ってきました\^^/



妹が東京にいるので

行くたびに一緒にディズニーに行きますが

今回は家族も一緒なので

スカイツリーにも行ってきました♪


634mという高さは

本当に高くて高くて・・・

直下から見上げると首が痛くなるほどでした


武蔵という645mに込められた

日本の職人魂を感じました。



350mの展望デッキも

450mの展望回廊も行きました!




東京全体だけじゃなく千葉、埼玉までも見え

東京湾も見えるなど本当にいい景色でした。



おすすめの景色です(・∀・)



展望デッキでは写真を撮ってくれるサービスもあり

私も家族写真を撮りました★

綺麗な景色と一緒に撮れるので最高です



東京に行くときには

新名所スカイツリーに

ぜひ足を運んでみてくださいネ♪



3階 東京大好き★N.M

2012年10月12日金曜日

~ばぁば 新しいクラブを買う~



前回に引き続き、ウチの愛すべきばぁばのことを

本人の許可なしに書こうと思う



60代もあとわずか、毎日「全然痩せな~い」と言いつつ

3食しっかりと白飯を食べ、ビールを飲み昼寝を堪能して

いる女盛りのばぁば

楽しみは、カラオケに卓球、パソコン教室とパークゴルフと

休む暇なしだ

そんなばぁばが「新しいパター欲しくなった」と言いだし

先日、大手スポーツ用品店に連れていくことになった

本当は「個人の品ぞろえのいいスポーツ用品店に

連れてって」と言われたが・・・さらっと聞こえないフリをした

さっそく店員を捕まえ、あれやこれやと品定め

私はまったく興味がなかったので、ベンチに座ってその様子を

遠くから眺めていた

1時間半が経った頃、「いや~、いいのあったよ」と嬉しそうに

戻ってきた

さぞ、いいスコアが出ることだろう   よかったよかった

 新しいパターの使い心地はさておき、ちょっと驚いたことが

あった

ばぁばが同じクラブのじぃじに気に入られたらしい

何度も電話で「2人でパークに行かないか?」と

誘われているというのだ!!

マジで!?娘の私でさえ男から誘われるなんてと~んと

ごぶさたなのに!!!



 天国のオトン、聞いてますか?

ばぁばは相変わらず元気で、いい女ですよ~

私も頑張りますね~



 いつまでも、ばぁばに勝てない私なのでした。

2012年10月11日木曜日

秋の出来事~近況報告~

10月7日


ついに!


なんと!!


8ヶ月越しの!!!


念願だった!!!!






パソコンを買いました!!!!




これからたくさんお仕事で活躍してくれることでしょう。

近況報告でした。。。



食欲の秋で食欲増進中の3年目PT♂

2012年10月5日金曜日

20年ぶりに・・・


3歳になる娘と砂川のこどもの国へ行ってきました。

昔と景色が変わっていなかったので、少しビックリ!しました。

遊具が小さく感じました。

娘は初めて来た場所だったので私の服を引っ張りながらしばらく

離れませんでしたが、徐々に環境に慣れてきて一人で遊んでいま

した。


外にはアスレチックもあり一緒に走り回っていたら、翌日私だけが

全身の筋肉痛になりなした。

運動不足を痛感しました。

最近はやっと秋らしく涼しくなってきたので、少しずつ運動を取り

いれていこうと思います。

筋肉痛は辛いので、まずはラジオ体操から始めようか・・・



3階病棟 ナースK

2012年10月4日木曜日

我が家の家族

皆さんこんにちは。10月に入ったというのに、今年はまだ暖かい日が続いてますね。


けど、風邪には注意です。

さて、我が家には今年15歳になる犬(ミニチュアダックスフント)がいます。

名前はプリンといいます。別にプリンが好きだからでも、プリンの色だからでもありません。名前を付けるときになんとなく思い出した名前がプリンだったのです。

そんな、プリンは僕が、19歳の時に我が家の一員となりました。

僕が結婚するとき・・・、子供が生まれたとき・・・色んな家族の出来事がある中で、いつも一緒にともにしてきました。しかし、人間の年齢でいうともう76歳です。

顔には白髪が出現したり、歩くのもふらふらしながら歩いたり、最近では寝ている事も多くなり、日々年老いていくのも感じます。


さみしがりで、寝るときは必ず誰かがいないと寝ません。だから、寝るときはこんな感じで、いつも子供の横で一緒に寝ます。

                                    

お昼寝の時だってこんな感じです。

動物も人も年老いていくのはあたり前ですが、いつまでも長生きしてほしいと思っています。 リハビリ PT MKでした。ではまた・・・